フェアリーステークス2020のデータ分析結果

フェアリーステークスの優勝は10番人気まで!など簡単な高確率予想を競馬歴30年の東工大出身者が公開します。
大手予想でも目分量で好走条件を決めているところを、当サイトでは客観的に好走条件を算出しています。
重賞の予想をするときは、まず当サイトでレース傾向を掴んでから、意中の馬を探していただければ良いかと思います。



1.人気と好走の関係性

 まずは、好走した馬たちの人気についてです。下表のとおり、過去10年間の優勝馬は平均6番人気で、10番人気以内の馬が優勝する確率が高いです。
なお、過去10年間の優勝馬は、1番人気が10頭中2頭しかいません。また、9番人気までに10頭中6頭しかいません。優勝するには、まあそれなりの人気が必要なようです。
人気の平均値 可能性の高い範囲
1着馬  6番人気 1~10番人気
1~3着馬
 6番人気
2~9番人気
全馬平均  9番人気 4~13番人気
 ※「可能性の高い範囲」は、68%確率の範囲とした。

また、人気を成績と考えると、優勝馬は人気の偏差値56で、1~3着馬でも56と、優勝馬も1~3着馬も人気はまあ優秀です。
偏差値(人気)
1着馬   56
1~3着馬   56
全馬平均   50

人気から優勝馬を予想するときの信頼度は、1~3着馬を予想するときの信頼度はとなります。人気から好走馬を予想することは可能だと考えられます。
※赤の太字は、優勝馬など好走馬の偏差値をS,A,B,C,D,E,Fにランクを分けしたものです。C以上では人気で好走馬を予想可能、Dは参考データとして予想可能と考えています。具体的なランク分け基準は、下段に記載しています。


2.馬番と好走の関係性

 次に、馬番です。優勝するには、馬番と相関性はほとんどないようです。また、1~3着馬となるには、馬番は相関性がないようです。

また、馬番から優勝馬を予想するときの信頼度は、1~3着馬を予想するときの信頼度はとなります。
※赤の太字は、優勝馬など好走馬の偏差値をS,A,B,C,D,E,Fにランクを分けしたものです。C以上では好走馬は他より優れていると判断して、好走馬を予想可能、Dは参考データとして予想可能と考えています。
馬番の平均値 可能性の高い範囲
1着馬   8番  3~12番
1~3着馬   8番  4~13番
全馬平均   9番  4~13番



3.第4コーナーでの位置と好走の関係性

 第4コーナーでの位置は、優勝するには前の位置取りが優位なようです。また、1~3着馬となるにも、前の位置が優位なようです。

また、第4コーナー位置から優勝馬を予想するときの信頼度は、1~3着馬を予想するときの信頼度はとなります。 第4コーナーの位置から好走馬を予想することは可能と考えられます。
※赤の太字は、優勝馬など好走馬の偏差値をS,A,B,C,D,E,Fにランクを分けしたものです。C以上では好走馬は他より優れていると判断して、好走馬を予想可能、Dは参考データとして予想可能と考えています。
番手の平均値 可能性の高い範囲
1着馬  5番手  2~9番手
1~3着馬  5番手  2~8番手
全馬平均  8番手  3~12番手



4.馬体重と好走の関係性

 馬体重については、優勝するには馬体重に相関性はほとんどないようです。また、1~3着馬となるのも、馬体重に相関性はほぼないようです。

また、馬体重から優勝馬を予想するときの信頼度は、1~3着馬を予想するときの信頼度はとなります。
※赤の太字は、優勝馬など好走馬の偏差値をS,A,B,C,D,E,Fにランクを分けしたものです。C以上では好走馬は他より優れていると判断して、好走馬を予想可能、Dは参考データとして予想可能と考えています。
体重の平均値 可能性の高い範囲
1着馬  459kg 441~476kg
1~3着馬  457kg 436~477kg
全馬平均  454kg 431~478kg



5.その他

単勝の倍率は、優勝馬は平均で25倍(可能性の高い範囲は55倍以下)、1~3着馬は19倍になる(可能性の高い範囲は41倍以下)
過去10年間のフェアリーSで優勝した10頭のうち10頭は、東京コース経験がある。(100%の確率)。
過去10年間のフェアリーSで優勝した10頭のうち8頭は、前走は11~12月。(80%の確率)。

「出走馬のデータ分析」は、下記のほかの予想記事を参考にして下さい。
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
にほんブログ村



6.まとめ

(1)優勝馬の傾向

優勝馬を予想するには、下表の項目順で予想した方が良いです。
予想可能項目 予想信頼度 可能性の高い範囲
人気   1~10番人気
第4コーナー位置   2~9番手
 更に絞るには、東京コース経験、前走が11~12月などの実績を参考にした方が良さそうです。

統計的な予想としては、10番人気以内、第4コーナー2~9番手が予想される、アヌラーダプラ、オーロラフラッシュあたりが優勝候補に想定されます。
敢えてさらに絞ると、東京コース経験、前走11~12月で選択して、アヌラーダプラ、オーロラフラッシュ、シャインガーネット、ダイワクンナナ、インターミッションに優勝を期待、というところでしょうか。(絞り切れません!)


(2)1~3着馬の傾向

3着までの馬の予想は、下表の項目で予想した方が良いようです。
予想可能項目 予想信頼度 可能性の高い範囲
人気   2~9番人気
第4コーナー位置   2~8番手
 また、さらに絞るには、東京コース経験、前走11~12月などの実績を参考にした方が良さそうです。

「出走馬のデータ分析」は、下記のほかの予想記事を参考にして下さい。

競馬・データ理論ランキング



※予想の信頼度の定義

 予想の信頼度は、偏差値61以上で、59以上で、57以上で、55以上で、53以上で、51以上で、51未満でとなるように設定しました。なお、となると、平均的な出走馬レベルになってしまいます。この記事では、以上で予想可能と判断しており、は参考値と設定しています。なお、四捨五入の関係で微妙な差があることもあります。
また、偏差値算出などの統計処理は、過去10年間のデータを用いています。




※前々週のホープフルステークスの優勝馬予想は、人気だけの予想でしたが的中!



(参考)偏差値とは?

 平均点が偏差値50となるように、成績を指標化したものです。理想的な成績分布をしている場合は、偏差値80では上位0.1%になり、偏差値70では上位2%、偏差値60で上位16%になります。そして偏差値50(平均点)では、上位50%になるのですが、成績分布が偏っていると、平均点=上位50%ではないことがあります。