弥生賞2020を確率・統計分析で当てる!


弥生賞2020の優勝は6番人気以内!など、過去データから算出した好走確率予想(偏差値や平均)を競馬歴30年の東工大出身者が公開します。
大手でも、予想に不要な条件をごちゃ混ぜにして傾向分析していますが、当サイトでは統計解析で必要な条件のみを選定して、偏差値を尺度にして好走条件をまとめています。
重賞の予想をするときは、まず当サイトで高い精度のレース傾向を掴んでから、意中の馬を探していただければ良いかと思います。



0.当サイトの使い方(面倒なら読み飛ばして下さい)

 当サイトでは、人気・馬番・番手・馬体重・斤量・馬齢・性別ごとに統計分析して、整理表を作ってまとめています。
整理表を見て、
①整理表の「可能性が高い範囲」の列に示している範囲(2~6番枠、1~7番手、・・など)で、優勝馬などの好走条件を確認
②整理表の「信頼度」の列で、上記好走条件の信頼度が高い項目を探す(ランクS~Cが信頼度が高い)
③ ①②を満たす条件が、好走条件となる確率が高いので、この条件を中心に予想する。
④予想が絞り切れなければ、②のランクDやオッズ、他の情報(調教・パドック情報など)を加味して予想して下さい。
※上記の予想手順は私の予想の仕方なので、整理表の使い方はお任せです。ちなみに、下方の「まとめ」において、整理表の条件に合う馬から、好走馬の平均に近い馬を解析・算出して、印付けして予想をしています。
また、興味があれば、ここから詳しい統計分析のロジックを見て下さい。

1.人気と好走の関係性

 まずは、好走する確率の高い人気の範囲についてのまとめです。下表のとおり、弥生賞における過去10年間の結果から、優勝馬は平均3番人気で、統計的には0~6番人気の馬が優勝する確率が高いです。(1番人気の優勝が多いので、0番人気~となっています)

  人気の平均 可能性の高い範囲 信頼度
優勝馬  3番人気 0~6番人気  A
1~3着馬
 4番人気
1~7番人気  C
全馬平均  7番人気 3~10番人気  
注)「可能性の高い範囲」は、68%確率の範囲とした。
注)赤の太字は、予想の信頼性をランク分けしたものです。優勝馬など好走馬の偏差値をS,A,B,C,D,E,Fにランクを分けています。C以上では人気で好走馬を予想可能、Dは参考データとして予想可能と考えています。具体的なランク分け基準は、下段にまとめています。


なお、人気を成績と考えると、優勝馬は偏差値59で、1~3着馬でも57と、優勝馬も1~3着馬とも人気は優秀です。
人気から好走馬を予想することは可能だという予想結果になりました。

  偏差値(人気)
優勝馬   59
1~3着馬   57
全馬平均   50


2.馬番と好走の関係性

 次に、馬番と弥生賞での好走との相関性についてのまとめです。前記の人気と同じく偏差値を尺度にして分析した結果、優勝するには、馬番は相関性がほとんどないようです。また、1~3着馬となるにも、馬番は相関性がほとんどないようです。
  馬番の平均 可能性の高い範囲 信頼度
優勝馬  8番 4~11番  E
1~3着馬
 6番
3~9番  E
全馬平均  7番 3~10番  
注)「可能性の高い範囲」は、68%確率の範囲とした。
注)赤の太字は、予想の信頼性をS,A,B,C,D,E,Fにランク分けしたもの。



3.第4コーナーでの位置と好走の関係性

 次に、第4コーナーでの位置取りと弥生賞での好走との相関性についてのまとめです。前記と同じく偏差値を尺度にして分析した結果、優勝するには位置取りはほとんど相関性がないようです。また、1~3着馬となるにも、位置取りはほとんど相関性がないようです。

  番手の平均 可能性の高い範囲 信頼度
優勝馬  5番手 3~7番手  E
1~3着馬
 5番手
3~8番手  E
全馬平均  6番手 2~9番手  

下記に投票いただくとありがたいです。

にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
にほんブログ村



4.馬体重と好走の関係性

 次に、馬体重と弥生賞での好走との相関性についてのまとめです。前記と同じく偏差値を尺度にして分析した結果、優勝することと馬体重の関係は、重い体重がやや優位なようです。また、1~3着馬となるには、馬体重は相関性がほとんどないようです。

  体重の平均 可能性の高い範囲 信頼度
優勝馬
 492kg
470~513kg  D
1~3着馬
 488kg
464~512kg  E
全馬平均  483kg 460~506kg  
注)「可能性の高い範囲」は、68%確率の範囲とした。
注)赤の太字は、予想の信頼性をS,A,B,C,D,E,Fにランク分けしたもの。


下記に投票いただくとありがたいです。


競馬・データ理論ランキング


下記に投票いただくとありがたいです。


最強競馬ブログランキングへ



6.その他

弥生賞における単勝のオッズは、優勝馬は平均で11倍(可能性の高い範囲は24倍以下)、1~3着馬は15倍(可能性の高い範囲は39倍以下)という予想になります。





7.まとめ

(1)優勝馬の傾向

以上の結果から、弥生賞2020の優勝馬を予想するには、下表の項目で予想した方が良いです。
単勝・馬単・3連単などの予想に使ってください。
予想可能項目 予想信頼度 可能性の高い範囲
人気   1~6番人気
注)「可能性高い範囲」は、68%確率の範囲とした。
注)赤の太字は、予想の信頼性をS,A,B,C,D,E,Fにランク分けしたもの。

 また、更に絞るには、馬体重が470~513kgであること(以上、予想信頼度)や、単勝オッズ24倍以下を参考にして予想した方が良さそうです。

統計的な予想としては、以下の馬が優勝候補に想定されます。(3/4更新)
優勝候補 評点 結果
ワーケア ◎100
サトノフラッグ ○99
オーソリティ ▲99
ブラックホール △80
パンサラッサ △46
ウインカーネリアン △13
注)人気はnetkeiba.comさんを参考。馬体重は前走の馬体重を適用、第4コーナーでの位置は実績平均を適用。
注)「評点」は理想に近い馬を高得点になるように私独自の計算で算出した点数で、最有力候補を100点としています。

優勝馬予想は、馬番など情報が入り次第更新します。



(2)1~3着馬の傾向

弥生賞2020での3着までの馬の予想は、下表の項目で予想した方が良いようです。
複勝・馬連・3連複などの予想に使ってください。
予想可能項目 予想信頼度 可能性の高い範囲
人気   1~7番人気
注)「可能性高い範囲」は、68%確率の範囲とした。
注)赤の太字は、予想の信頼性をS,A,B,C,D,E,Fにランク分けしたもの。

 また、さらに絞るには、単勝倍率39倍以内を参考にして予想した方が良さそうです。

統計的な予想としては、以下の馬が1~3着候補に想定されます。(3/4更新)
1~3着候補 評点 結果
ワーケア ◎100
サトノフラッグ ○99
オーソリティ ▲99
ブラックホール △99
パンサラッサ △77
ウインカーネリアン △40
オーロアドーネ  10

注)人気はnetkeiba.comさんを参考。馬体重は前走の馬体重を適用、第4コーナーでの位置は実績平均を適用。
注)「評点」は理想に近い馬を高得点になるように私独自の計算で算出した点数で、最有力候補を100点としています。

優勝馬予想は、馬番など情報が入り次第更新します。




他の重賞予想もトップの「メニュー」からご覧下さい。
(右下の上向き矢印で「メニュー」に戻れます)




(参考)前週の結果

前週は、阪急杯では「2日前の予想人気」と「実際の人気」との差があって3連複を逃しました。

(1)阪急杯

当日の人気が分かっていれば、3連複が的中だったのに・・
優勝候補 評点 結果
ダイアトニック ◎100 3着
ステルヴィオ ○98
フィアーノロマーノ ▲97 2着
マイスタイル △95
クリノガウディー △81
ライラックカラー △52
ジョイフル  24
1~3着候補 評点 結果
ステルヴィオ ◎100
ダイアトニック ○99 3着
フィアーノロマーノ ▲98 2着
マイスタイル △98
クリノガウディー △96
ライラックカラー △64
ジョイフル  27
スマートオーディン  10


(2)中山記念

ちぐはぐですね・・・
優勝候補 評点 結果
ラッキーライラック ◎100 2着
インディチャンプ ○70
ダノンキングリー ▲43 1着
1~3着候補 評点 結果
ラッキーライラック ◎100 2着
インディチャンプ ○84
ソウルスターリング ▲61 3着
マルターズアポジー △10



※予想の信頼度の定義

 過去10年間の結果から算出された予想の信頼度は、偏差値61以上で、59以上で、57以上で、55以上で、53以上で、51以上で、51未満でとなるように設定しました。なお、となると、平均的な出走馬レベルになってしまいます。この記事では、以上で予想可能と判断しており、は参考値と設定しています。なお、四捨五入の関係で微妙な差があることもあります。
また、偏差値算出などの統計処理は、過去10年間の結果を用いています。




(参考)当サイトの特長

当サイトの特長は、整理表にあります。
①整理表の「可能性の高い範囲」で、好走馬がどの範囲にいるか、統計分析してまとめています。
②整理表の「信頼度」で、好走馬と平均的な馬との違いがどれだけあるか、偏差値を尺度にしてまとめています。(①の予想がどれだけ信頼出来るか)

①について具体例を挙げると、優勝馬の馬体重の「可能性が高い範囲」が480~500kgだとすると、優勝馬は68%の確率でこの範囲に入っていたことが分かるのです。
ただ、②について例を挙げると、優勝馬の馬体重の「可能性が高い範囲」が480~500kgで、全馬平均も480~500kgだとしたら予想に使えません。(他の予想サイトでこのような落し穴があることもあるので、気を付けましょう。)
これに対して、優勝馬が480~500kgで、全馬平均が420~440kgだとしたら、優勝馬は平均に対してかなり違いがあるので、予想に使えます。この「違い」を測る指標が「偏差値」なのですが、②では偏差値(平均との違い)が大きい場合、「予想に使えるよ」とまとめているのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です